成分を学んで無理せずに1日1杯ダイエット!

青の花茶成分

青の花茶は今注目の蝶豆(バタフライピー)を使用したダイエットハーブティです。

 

なぜ注目されているのかというと見た目もオシャレな青の花茶。

 

SNSを通してあっという間にインスタやツイッターなどにあげる女子が急増しているためです。

 

そして、青の花茶にかかせないバタフライピーの成分にはアントシアニンにという高ぶった神経を落ち着かせる成分がありダイエット効果を高めてくれるのも青の花茶の魅力です。

 

アントシアニンとはポリフェノールの一種でありブルーベリーなどに比べると4.2倍あります。

 

青の花茶の最大の特徴はストレスフリーでダイエット。なぜなら「ストレスなし」をなくすための成分が配合されているからです。 

 

厳選されて作られている青の花茶はハーブをオリジナルブレンドにしている4種類の成分

 

甜茶(てんちゃ)

 

抗アレルギー効果がある成分が含まれており炎症作用もあることから漢方にも用いられる健康茶の一つであり体質改善作用もある成分も
あるのでダイエットにはとても有効的です。

 

そして、青の花茶が飲みやすいのは甜茶のほのかな天然の甘さを感じるからです。

 

アマチャヅル

 

沈静成分のサポニンを多く含み、サポニンの種類は高麗人参より70種類以上ある。

 

毎日青の花茶を飲むことで沈静成分サポニンが効果的に働きます。

 

また血液悪循環予防やがん予防にリウマチ予防もできます。

 

体のめぐりをしっかりサポートしてくれる成分の一つです。

 

ラフマ

 

コレステロールや血圧を下げたりカテキンによる抗菌作用もあるので動脈硬化などの生活習慣病も予防できます。

 

そして精神を安定させる効果もあるのでダイエット中の女性には青の花茶はとても効果的です。

 

メグスリノキ(目薬の木)

 

名前の通り眼病予防にもなり、タンニンやカテキンといった成分が含まれていますので老眼や近視の予防にもなります。

 

目だけでなく肝臓や成人病予防にもなる成分です。

 

世界中に唯一日本にだけ自生する植物で健康成分がたくさん含まれているのでとても貴重なハーブを使用して作られているのが青の花茶です。

徹底的な品質管理とこだわりの特別製法

 

青の花茶はタイの美しい澄んだ海をイメージした青が特徴のため、オリエンタルブルーを活かしながら、独自の製法と比率でブレンド。

 

そして最新設備の整った工場で徹底した衛生管理をしながら一つひとつていねいに手詰めして製品化しているため青の花茶は安心してお届けすることが可能です。

 

青の花茶の効果的な飲み方

 

毎日、青の花茶を飲み続ける事が大切です。

 

『継続は力なり』ということわざがあるようにあまりにも普通の事が大切なポイントになります。

 

青の花茶を飲んですぐに効果が出るわけではありません。

 

青の花茶を飲み続けることで少しづつ痩せやすい体質に変えていくためです。

 

そして規則正しい生活を心がけて下さい。

 

青の花茶を飲むタイミングは特に決まっているわけではありません。

 

ノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェインなので時間を気にせずに好きな時に飲むことができます。

 

健康的にダイエットを考えている方にはとても効果的な青の花茶です。

 

毎日、青の花茶を飲んでダイエットをしてみませんか!!

 

>>青の花茶の成分詳細はこちら